3dtotal.comから海外のデジタルアート最新情報
(映画、ゲーム、映像関連)を日本語でお伝えします!

凄腕キャラクターアーティストによる美女キャラ制作:『Aries – アリエス』のメイキング

Pocket

イラン出身の 凄腕 3Dキャラクターアーティスト&デジタルスカルプター Vahid Ahmadi氏 が、獣骨の少女『Aries - アリエス』のメイキングを紹介します(ZBrush、Photoshop 使用)


Vahid Ahmadi
3Dキャラクターアーティスト & デジタルスカルプター


はじめに

私は フリーランス デジタルスカルプター/3Dキャラクターモデラーであり、ZBrush のメンターでもあります。ここでは ZBrush で作成・レンダリングするための簡単なヒント、そして Photoshop で行うポストエフェクトを紹介します。この作品は、ネットに掲載されていた美しい写真(Deviant ArtInstagram)からインスピレーションを得て制作しました。

01 ブロッキング:主な形状を大まかに作る

さまざまなトポロジーのある MakeHuman のフリーベースメッシュを使って モデリングを始め、ZBrush のみを使って、あらゆる形状を造形していきました。

 

ZBrush でブロッキングしたメインシェイプ

02 アルファマップで 葉を作る

まず、厚みのないフラットな形を作り、それを、ZBrush、[Zプラグイン]>[UVマスター]で UV展開して、背景を黒くしたテクスチャを配置。テクスチャマップの透明度を使って、黒い背景を「削除」しました。必要に応じて、このテクスチャでポリペイントし、[カラーによるマスク]>[色調によるマスク]や[ポリペイントによるマスク][カラー強度によるマスク]を使って、その上にスカルプトディテールを加えることができます。

注:これを行う方法は他にもあります(例:ファイバーメッシュを作成し、プロファイルカーブを調整して、テクスチャを適用する)

 

アルファマップと[透明度]で 葉を作る

03 ペインティングとテクスチャリング

高品質のテクスチャを作成するため、まず ZBrush でポリペイントを開始し、スカルプトで奥行きも加えます。次に 4Kテクスチャを作成し([Zプラグイン]>[UVマスター]でUV展開しておく)、そのテクスチャを[ZAppLink]で Photoshop に読み込みます。ここで、フリーテクスチャと Photoshop ブラシを使って調整します。ZBrush に戻したら、[カラー強度によるマスク]で深みを加えつつ、微妙なスカルプティングを施し、基本ブラシとモーフターゲットで再びペイントして、ディテールを仕上げます。

 

ZBrush と Photoshop を使ったペインティングとテクスチャリング

04 ブラシ先端を調整、テクスチャを施す

[アルファ]>[モディファイア]>[ノイズ]を調整すれば、基本ブラシとアルファを使って自分好みのブラシ先端を作成し、作品に微妙なバリエーションを加えることができます。

 

新規ブラシの作成

05 ZBrush のファイバーメッシュ ヘア

[ライトボックス]でブラウンカラーのヘアプリセット(ファイバーメッシュ、Fibers142.ZFP)を使い、Photoshop でテクスチャの色を変更します。続けて、ショートヘア用とロングヘア用の 3つのヘアプリセットを作り、[Move]ブラシと[GroomHair]ブラシで別々のサブツールにグルーミングし、[レンダー設定]をいじってバリエーションを増やしました。

ZBrush の BPRで[Hair 2]マテリアルと[Flat Color]をそれぞれレンダリングし、Photoshop で合成します。ここで特別なことは何もありません。ZBrush の BPRレンダーで見映え良くなるまで何度も手を加えました。

(※編集部注:ZBrush のファイバーメッシュについては「ZBrush の基本を知る - ファイバーメッシュ&UV編」も合わせてご覧ください)

 

ZBrush でリアルな髪の毛を作る

06 ZBrush BPR でレンダリング

[Skin Shade 4]を適用し、肌のスペキュラレベルを下げましょう。さまざまな肌の部分に同じシェーダを使っていますが、もっとリアルに見えるように、[マテリアル]>[モディファイア]>[アンビエント]と[ワックス設定]>[Spec]の値をいじって変化をつけました。ペイントとテクスチャを微調整したら、以下の ZBrush 設定でレンダリングし、Photoshop に取り込むさまざまなパスを作成します。

(※編集部注:ZBrushのレンダリング設定については「ZBrush の基本を知る - レンダリング編 04:ZBrush のレンダリング設定」も合わせてご覧ください)

 

ZBrush BPR レンダー

07 パスの合成と最終調整

Photoshop で、すべての ZBrush パスを組み合わせます。微妙な背景のペイントとパーティクルを追加し、すべてをマッチさせて馴染ませました。CGレンダリングには、Photoshop で修正すべき小さな欠陥が常に存在します。

 

最終イメージ

 

▼ Vahid Ahmadi氏 制作のチュートリアル

>> 『Idol -アイドル』のメイキング
>> 『Diana -ダイアナ』のメイキング
>> 『Dawnbringer - 黎明をもたらす者』のメイキング
>> 『Owl Sorcerer - 梟の魔術師』のメイキング
>> 『Elf - エルフ』のメイキング
>> 「幻想的な女エルフ」のメイキング

▼ Vahid Ahmadi氏 のインタビュー

>> 2016年のインタビュー
>> 2019年のインタビュー

編集部からのヒント

ZBrush の基本について知りたい方には、チュートリアル「ZBrush の基本を知る」シリーズをおすすめします。

 


翻訳:STUDIO LIZZ (TK)
編集:3dtotal.jp

Pocket