3dtotal.comから海外のデジタルアート最新情報
(映画、ゲーム、映像関連)を日本語でお伝えします!

ゲームキャラクターをつくる – コンセプト編:01 デザイン

Pocket

この「ゲームキャラクターをつくる」シリーズでは、ゲーム制作におけるキャラクター制作の実践的なワークフロー&テクニックを解説します。まず、コンセプト編(2回を予定)では、さまざまなアイデアを探り、素晴らしいキャラクターコンセプトに磨き上げる方法をお見せします!(Photoshop使用)


Marc Brunet
Cubebrush.co 設立者&CEO / 元 Blizzard Entertainment シニア キャラクターアーティスト


はじめに

ここでは、ゲームキャラクターのコンセプト制作に焦点を当て、その制作過程を解説します。業界のプロや熟練のアマチュアに向けて執筆しているため、ある程度の人体解剖学(人体構造)や 3D空間のボリューム・パース・色に関する知識があることを前提とします。

また、作成するキャラクターは 3Dモデルになることが分かっているので、最終的なコンセプトシートに正投影の絵はありません。代わりに、前面と背面のスリークォーター(3/4、斜め)の絵を作成して、その後は 3Dアーティストの空間補完能力に委ねます。

ステップ1:形状を模索する -サムネイル作成

多くのコンセプトの最初のステップは、とてもラフに進みます。特にアートディレクションによって変更が必要となるような環境ではそうなります。

ここではブレインストーミングをして、最終コンセプトの大まかなアイデアを保ちつつ、できるだけ多くのクールなシルエットを生み出していきます。今回のキャラクター案は「女性でSF系」に傾いています。それ以外に特定の指示はないので、すべてのアーティストにとって、素晴らしいシナリオになることでしょう!

キャラクターをスタンドアローン型にしたいので、明確な機能(装備)の主人公にすれば、制作の探求にも役立つことでしょう

★ムービー1a: Chapter 1a - Create a Solid Design(7分8秒)

ステップ2:アイデアの確立

すべてのスケッチを確認すると、アイデアを決定しやすくなることでしょう。騎士(※馬のいない)を連想させる独特のシルエットが印象に残りました。

この時点では、常にアイデアを練り、実際のコンセプトを進めるため、その生い立ちを考えてみます。作成するキャラクターは以下のように説明できます。

「未来からやって来た騎士は、特殊な戦闘アーマーを操り、敵に立ち向かう」

主要な形状を大まかに描き、シルエットを洗練する


Pocket