3dtotal.comから海外のデジタルアート最新情報
(映画、ゲーム、映像関連)を日本語でお伝えします!

凄腕キャラクターアーティストによる美女キャラ制作:『Dawnbringer – 黎明をもたらす者』のメイキング

Pocket

イラン出身の 凄腕 3Dキャラクターアーティスト&デジタルスカルプター Vahid Ahmadi氏 が『Dawnbringer - 黎明をもたらす者』のメイキングを紹介します(ZBrush、Photoshop 使用)


Vahid Ahmadi
3Dキャラクターアーティスト & デジタルスカルプター


私はフリーランス デジタルスカルプター/3Dキャラクターモデラーです。PS向けのゲームを開発している Bluepoint Games 社ほか、さまざまなゲームスタジオのキャラクターを制作しています。この作品は Chengwei Pan 氏 のコンセプトからインスピレーションを受けました。

ステップ01:事前に考える

最初に行うのは、作業を扱いやすいように分解することです。コンセプトを PhotoshopZBrush に読み込み、起こりうる課題や問題について事前に考えてみましょう。ZBrush のマネキンでポーズを作れば、モデルの方向性を見極めることができます。

ステップ02:ZBrush ワークフロー

いつもどおり、ZBrush だけで基本形状をすべて大まかに作成しました。[Topology]ブラシ、[ZModeler]ツール、ZSphere のトポロジーで、アーマーを造形。[DE HairTube]ブラシ でヘアを作成しました。この女性のヘアチューブは[ZAppLink]でポリペイントされています。

ステップ03:ZBrush のツールを使用する

アーマーの有機的な部分には[ZRemesher]を何度か適用、[ライトボックス]にある[Slash2]と[DamStandard]ブラシで深い線を引いています。肘のウロコのような部分には[Topology]ブラシを使い、顔とボディはヘアチューブと同じく[ZAappLink]と Photoshop でペイントしました。また、いくつかのウロコでは、ZBrush の透明度をオンにして光を透過させます。これは、ガラスのようなマテリアルのレンダリングにも適しています

ステップ04:ZBrush BPR でレンダリング

レンダリングでは、肌に[Skin Shade4]を使い、[BPR影設定]の[ブラー]:10、[角度]:20に設定しました。次にBPRレンダーパスをいくつか作り、Photoshop で組み合わせるためにさまざまな向きのライトを配置して、影とハイライトを作成しました。彩度や色味を過度に加えたくないので、[マテリアル]>[環境設定]>[繊細な影とAO]を常時オフにしています。

ステップ05:Photoshop

Photoshop では細かく調整するため、個別レイヤーをひとつにまとめています。すべてのリムライト、HDRIパス、スペキュラ、影、バウンスライトを追加し、[レベル補正]と[トーンカーブ]で各パスの明度を調整します。そして[ソフトライト][オーバーレイ][覆い焼き(リニア)-加算]モードなどで、すべてのパスを組み合わせました。

また、ヘアラインに深みを与えるため、Photoshop の[油彩]フィルターを適用しています。最後に背景をペイントして、いくつかのパーティクルとシンプルな雲を作成し、キャラクターと組み合わせ、空気感を演出しました

 

▼ Vahid Ahmadi氏 制作のチュートリアル
>> 『Idol -アイドル』のメイキング
>> 『Diana -ダイアナ』のメイキング
>> 『Owl Sorcerer – 梟の魔術師』のメイキング

▼ Vahid Ahmadi氏 のインタビュー
>> 2016年のインタビュー
>> 2019年のインタビュー

編集部からのヒント

ZBrush の基本について知りたい方には、チュートリアル「ZBrush の基本を知る」シリーズをおすすめします。

 


翻訳:STUDIO LIZZ (TK)
編集:3dtotal.jp

Pocket