3dtotal.comから海外のデジタルアート最新情報
(映画、ゲーム、映像関連)を日本語でお伝えします!

凄腕キャラクターアーティストによる美女キャラ制作:『Owl Sorcerer – 梟の魔術師』のメイキング

Pocket

イラン出身の 凄腕 3Dキャラクターアーティスト&デジタルスカルプター Vahid Ahmadi氏 が『Owl Sorcerer - 梟の魔術師』のメイキングを紹介します(ZBrush、Photoshop 使用)


Vahid Ahmadi
3Dキャラクターアーティスト & デジタルスカルプター


私はフリーランス デジタルスカルプター/3Dキャラクターモデラーです。PS向けのゲームを開発している Bluepoint Games 社ほか、さまざまなゲームスタジオのキャラクターを制作しています。この作品は Chengwei Pan 氏 のコンセプトからインスピレーションを受けました。

01 ブロッキングアウト(大まかな造形)

モデリングを始める前に、まず、コンセプトに沿って必要な形状を考えます。ZBrush の ZSphere、ダイナメッシュ、ベースメッシュを組み合わせて、主な形状を大まかに造形し、ポーズを設定します。手は ZSphere で形成しメッシュに変換したあと、ダイナメッシュでボディと一体化させました。

02 モデリングとペインティング:パート1

ブロッキングアウト(大まかな造形)を終えたら、ZBrush のさまざまなアルファを使ってペイントを開始します。私は[ZAppLink]を利用して Photoshop と行き来し、色に深みを加えました。より高解像度にするには、投影用に高いサブディビジョンとドキュメントサイズを使い、その上にペイントしていきます。線と抽象的な傷は、[ライトボックス]にある[Slash2]ブラシと[DamStandard]ブラシで作成します。

03 モデリングとペインティング:パート2

ここでも平坦な色を多用して([Flat Color]マテリアル)、ハイライトとスペキュラ、リムライトを手動でペイントしていきます。このようにして、私は ZBrush を 2Dペイントソフトウェアのように扱います。希望どおりにハイライトや肌のトーンを表現するため、ZBrush BPRレンダーパスを使って深みを追加するとよいでしょう。

顔の細かい毛には、異なる[強度][描画サイズ]、そしてカーブプロファイルを設定した IMMヘアブラシ(DE_HairTubes)を使いました(※このブラシは Gumroad で無料ダウンロードできます)。ただし、ペイントする前に最高の結果が得られるまで、いろいろ試してください。

 

★DE_HairTubesブラシの使い方:Hairbrush method(10分/ 制作:Dylan Ekren)

04 レンダリング

レンダリングには ZBrush の BPRレンダーを使い([レンダー]>[BPR影設定]>[レイ]:約80、[ブラー]:9)、さらに合成用のさまざまなパスを作成しました(フィルライト・キーライト・バウンスライト・HDRIライト・リムライト・反射ライト・さまざまな影・AO・SSSなど)。

05 Photoshop でパスをブレンドする

最後にすべてのパスを Photoshop で合成し、最終イメージとして 1つにまとめました。

 

 

▼ Vahid Ahmadi氏 制作のチュートリアル

>> 『Idol -アイドル』のメイキング
>> 『Diana -ダイアナ』のメイキング
>> 『Dawnbringer - 黎明をもたらす者』のメイキング
>> 『Elf – エルフ』のメイキング

▼ Vahid Ahmadi氏 のインタビュー

>> 2016年のインタビュー
>> 2019年のインタビュー

編集部からのヒント

ZBrush の基本について知りたい方には、チュートリアル「ZBrush の基本を知る」シリーズをおすすめします。

 


翻訳:STUDIO LIZZ (TK)
編集:3dtotal.jp

Pocket