3dtotal.comから海外のデジタルアート最新情報
(映画、ゲーム、映像関連)を日本語でお伝えします!

【インタビュー】デジタルスカルプター岡田 恵太が徹底検証、パソコン工房が構成した予算11万~ ZBrush × Keyshot 特化モデルの実力とは?

Pocket

パソコン工房が構成した ZBrush × Keyshot 特化モデルを 注目の若手デジタルスカルプター 岡田恵太氏が検証


岡田恵太

1991年7月生まれ、広島県出身。2012年大阪の専門学校を卒業後、大阪のゲーム会社に就職。2013年に退職し東京へ上京した後、1年ほど荷揚げ屋等をしながらZBrushを独学で学び東京のゲーム会社へ就職。2015年からフリーランスとなり、「Bloodborne DLC」をはじめ主にクリーチャーなどのコンセプトアートを制作。2017年3月新会社「Villard」を設立。
1991年7月生まれ、広島県出身。2012年大阪の専門学校を卒業後、大阪のゲーム会社に就職。2013年に退職し東京へ上京した後、1年ほど荷揚げ屋等をしながらZBrushを独学で学び東京のゲーム会社へ就職。2015年からフリーランスとなり、「Bloodborne DLC」をはじめ主にクリーチャーなどのコンセプトアートを制作。2017年3月新会社「Villard」を設立。

昨年9月に機能制限付きながら廉価版のZBrush Core がアナウンスされ、さらに敷居が低くなった ZBrush。ZBrush を入口に CG を始める学生も増加している。そこで、今回「iiyama」ブランドで知られる パソコン工房 が "初めてのZBrush" をテーマに ZBrush とレンダラ KeyShot に特化した機種を3モデル構成。

現在注目の若手デジタルスカルプターである岡田恵太氏に検証してもらった。なお、パソコン工房による KeyShot ベンチマークテストも各モデルで行なっている。コア数、クロック数によってレンダリング速度がどのように変化するか参考にしてもらいたい。

▲パソコン工房 CG・映像制作制作者向けブランド「CG・MOVIE GARAGE」販売サイト。本企画で岡田恵太氏が監修した ZBrush初心者向けモデルが紹介されている。各ラインナップともに、目的に合わせて余分な構成は省き高いコストパフォーマンスを実現している。今後さらなるラインナップが登場予定だ。

Q. ZBrush ヘビーユーザーが重視すべきPCパーツはどれ?

▲iiyama SENSE∞(イイヤマ センスインフィニティ)より発売中の ZBrush × Keyshot 推奨モデルを用いて ZBrush、Keyshot、Substance Painter を検証中の岡田恵太氏

パソコン工房スタッフ:作品を拝見する限りポリゴン数も多く、負荷の高そうな作業が多そうですが、普段の業務内容や PC に求める条件はどのようなものですか?

岡田氏:クリーチャーなどのコンセプトモデルを ZBrush をメインツールとして制作することが多いですね。ゲームなどのリアルタイム案件ではセットアップ前の、モデルやテクスチャまで担当しています。4K、8K といった大きなサイズのテクスチャも使用しますし、躍動感を求め一気にスカルプトを進める制作スタイルなので、サクサク動くPCは必須条件です。そのため、自宅の PC は CPU に6コア12スレッドのインテル Core i7-3930k のモデルを選んでいます。

パソコン工房スタッフ:かなり CPU を重視したモデルですね。ZBrush のパフォーマンスは CPU の依存度が高いですからね。その点を踏まえ「iiyama SENSE∞(イイヤマ センスインフィニティ)」より3つのモデル(ページ中段参照)を構成してみましたが、使い勝手はどうでしたか? ノートモデル、スタンダードモデルの2機種については ZBrush と Keyshot に特化するため、CPU のコア数を重視した構成にする一方でGPUについては可能な限り廉価なものを選びました。一方で、アドバンスモデルについては近年のゲーム制作のワークフローを考慮して、Substance Painter など 3Dペイントツールに対応するためGPUも重視しています。

▼ZBrush作業画面

岡田氏:今回「iiyama」パソコンで作成したドラゴンのモデルではボディ部分だけでも、SubDiv6 の状態で3,300万ポリゴンありましたが、ZBrush での作業や KeyShot でのレンダリングは快適そのものでした。アドバンスモデルでは、Substance Painter の検証も行いましたが、特にプレビューが非常に快適でした。

パソコン工房スタッフ:ZBrush 初心者はポリゴン数を際限なく増やしてしまい PC が固まってしまいがちですらからね。ある程度の無茶は効くスペックにはなっています(笑)。


デスクトップ向けCPUを搭載するハイパフォーマンスノートモデル

SENSE-15FH045-i7T-FE-CMG [CG・MOVIE GARAGE]
●価格:¥123,980(税抜)
●OS:Windows 10 Home 64ビット
●CPU:インテル Core i7-6700T プロセッサー (2.8-3.6GHz/4コア/8スレッド/8MBキャッシュ/TDP35W)
●CPUクーラー:標準CPUクーラー
●メインメモリ:DDR3-1600 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)
●SSD1:-
●HDD1:1TB 2.5インチ Serial-ATA HDD
●VGA:Intel HD Graphics 530
●ODD:DVDスーパーマルチドライブ
●チップセット:インテル(R) H170 Express チップセット
●WLAN:無線:IEEE802.11 ac/a/b/g/n対応2×2 Dual Band Wi-Fi + Bluetooth 4.2
●液晶:15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット)
※価格および各パーツのスペックは2017年3月10日時点情報です。予告なく変更される場合があります。

>>>製品紹介ページはこちら


メモリ32GBを搭載したコストパフォーマンスモデル

SENSE-R027-i7K-HN-CMG [CG・MOVIE GARAGE]
●価格:¥116,980(税抜)
●OS:Windows 10 Home 64ビット
●CPU:Core i7-7700K プロセッサー (4.2-4.5GHz/4コア/8スレッド/8MBキャッシュ/TDP91W)
●CPUクーラー:標準CPUクーラー
●メインメモリ:DDR4-2400 8GB×4(デュアルチャンネル/計32GB)
●SSD1:-
●HDD1:1TB 3.5インチ Serial-ATA HDD
●VGA: Intel HD Graphics 630
●ODD:24倍速DVDスーパーマルチドライブ
●チップセット:インテル Z270 Express チップセット
●ケース:ミドルタワーATXケースIW-EA040 [フロントUSB3.0] ブラック
●電源:500W 80PLUS SILVER認証 ATX電源
※価格および各パーツのスペックは2017年3月10日時点情報です。予告なく変更される場合があります。

>>>製品紹介ページはこちら


Substance Painter に対応した GPU重視のアドバンスモデル

SENSE-R009-i7BK-RN-CMG [CG・MOVIE GARAGE]
●価格:¥274,980(税抜)
●OS:Windows 10 Home 64ビット
●CPU:インテル Core i7-6900K プロセッサー (3.2-3.7GHz/8コア/16スレッド/20MBキャッシュ/TDP140W)
●CPUクーラー:標準CPUクーラー
●メインメモリ:DDR4-2400 8GB×4(デュアルチャンネル/計32GB)
●SSD1:480GB 2.5インチ Serial-ATA SSD
●HDD1:-
●VGA:ELSA GeForce GTX 1060 S.A.C 6GB GDDR5
●ODD:24倍速DVDスーパーマルチドライブ
●チップセット:インテル X99 Express チップセット
●ケース:ミドルタワーATXケースIW-EA040 [フロントUSB3.0] ブラック
●電源:700W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源
※価格および各パーツのスペックは2017年3月10日時点情報です。予告なく変更される場合があります。

>>>製品紹介ページはこちら


REVIEW 01
ZBrush、KeyShot推奨モデル(ノートモデル、スタンダードモデル)

両機ともにZBrushの動作とKeyShotの用途に的を絞ったため、CPUのコア数を4コア8スレッドと重視する一方で、GPUには最低限のスペックのものを選んでいる。その結果、11~12万円台という低価格を実現。ノートモデルのCPUにはCore i7-6700TというデスクトップのCPUが載せられる珍しいタイプを選択。メモリ搭載数が16GBとやや少なめなのがネックだが、外出先での作業や、クライアントチェックなど用途次第では大きな武器となる存在だ。

「DynaMeshもスムーズに掛かるし、スタンダードモデルやノートがここまで動くんだって感じでした。コンセプトアートで、KeyShotと、Photoshopでのレタッチを考えれば十分な性能ですね」(岡田氏)。一方のスタンダードモデルのCPUは4コア、8スレッドのインテルCorei7-7700Kを採用。メモリは32GB搭載。ストレージはCドライブにHDDを採用している。起動の速度こそSSDにはかなわないものの、その代わりデータ容量を重視したモデルとなっている。

REVIEW 02
Substance Painter対応モデル(アドバンスモデル)

アドバンスモデルはCPUに8コア、16スレッドのインテルCore i7-6900Kが選ばれており、ZBrushとKeyShotのパフォーマンスは前述の二機よりも高くなる。さらに本機はSubstance Painterなどの3Dペイントツールの使用を考慮し、高い信頼性を持つELSA製のGTX 1060を標準装備している(※オプションによりGTX 1080も選択可)。Substance Painterは物理的挙動をシミュレーションしながらフォトレアリスティックな画像を生み出すCUDA対応のレンダラ「Iray」に対応しているため、GPU性能を上げることで計算処理能力を劇的に向上させることが出来るのだ。

「プレビューがとにかく快適で、HDRIの切り替えやテクスチャのベイクなども処理時間が早く、業務使用においてまったく問題ないモデルです」(岡田氏)。8Kテクスチャでの制作を求められる事もある昨今、思いついたイメージをストレスなく形にしてくれるハイエンドマシンならこれだ。

パソコン工房による KeyShot ベンチマークテスト

※「HT-OFF」はハイパースレッドモードをOFFにした状態を指す

3機種それぞれの KeyShot ベンチマークテストを行なった。KeyShot はデフォルト設定で起動し「CAMERA_BENCHMARK」をロード、1分経過後の fps を測定した。fps が高いほど、高速なレンダリング処理を行なっていることを示す。スタンダードモデル、アドバンスモデルについてはCPUのコア数やハイパースレッドモード(HT)の ON/OFF について条件を変えて検証した。結果、KeyShot は、クロック数によるちがいも見逃せないながらも、コア数に大きく依存してパフォーマンスが向上することが判明した。

TEXT_永岡 聡(lunaworks)

 

■製品紹介ページ:CGWORLDコラボ | ZBrush & KeyShot 向けパソコン SENSE∞

■日本人アーティスト:岡田 恵太 / KEITA OKADA

 


Pocket