3dtotal.comから海外のデジタルアート最新情報
(映画、ゲーム、映像関連)を日本語でお伝えします!

【インタビュー】ギャラリーに作品『Pugare』を投稿。キャラクターアーティスト David Rodriguez de la Orden氏

Pocket

3dtotal ギャラリーに、作品『Pugare』を投稿、そのメイキングも公開した 米国のキャラクターアーティスト David de la Orden氏 にもう少し聞いてみましょう


David Rodriguez de la Orden
キャラクターアーティスト|マイアミ、アメリカ


Q.自己紹介をお願いします

名前は David de la Orden、アメリカのマイアミに住んでいます。現在、フリーランス キャラクターアーティストとして働いています。

Q.あなたの作品「Pugare」について、その制作の背景についておしえてください。また、達成できたことはありますか?

「Pugare」は Marko Djurdjevic 氏 の描いたコンセプトを元に作成しました。彼の作品は素晴らしく、いつもチェックしています。このキャラクターを選んだのは、リアルなモデルを作り、さまざまなマテリアルやテクスチャをテストしたかったからです。

『Pugare』(※メイキングは こちら )

Q.使用したソフト&プラグインは何ですか? また、苦労した点があったらおしえてください

モデリングには MayaZBrush、テクスチャには MudboxPhotoshop、レンダリングには V-Ray を使用しました。最も難しかったのは、スキンシェーダとヘアの設定です。優れた SSS(サブ サーフェス スキャッタリング)と反射を作成可能な V-Ray のブレンドマテリアルで、リアルな肌の外観にすることができました。

『Pugare』(※メイキングは こちら )

Q.他に使用しているソフトウェアはありますか?

3ds Max をポリゴンモデリングで使用することがあります(Maya よりも簡単に進められるため)。また、テクスチャリングプロセスを高速化するため、主に、金属や革の制作に Substance Painter を使用します。プロジェクトに 多数の衣装アイテムが含まれている場合は Marvelous Designer がとても役立ちます。

Q.他の人が知らないような 制作のヒントやテクニックがあれば おしえてください

私にとって、最も難しい作業の1つが「ヘアの作成」です。通常は、ZBrush のファイバーメッシュと[GroomHairShort]ブラシ([正面衝突許容度]:0、[長さ保持]:100)で始め、[ファイバーメッシュ自動マスク]をオンにしたまま作業します。形状に満足できたら、カーブをシーンファイルとして Maya に書き出し、nHair を適用しています。

Q.芸術的な目標はありますか?

迫真のキャラクターを生み出せるよう、日々勉強して、腕を上げたいと思っています。また、メジャーな AAA(トリプルエー)クラスのゲーム開発会社のキャラクターアーティストとして、尊敬するアーティストたちと共に働くことが目標です。

Q.SNS を使用していますか? お気に入りのハッシュタグをチェックしていますか?

Ten Thousand HoursPixologic などの Facebookグループに参加しています。そこには優れた作品が毎日掲載されています。それらから インスピレーションを受け、個人プロジェクトのアイデアとしています。また、頻繁に ArtStation にもアクセスしてます。ArtStation では、3D、2D 両方の偉大なアーティストのポートフォリオを目にすることができます。

Q.ポートフォリオをアップデートする秘訣・ヒントがあったら おしえてください

映画制作の世界で生み出されている最新技術、そして、最も影響力のあるゲームについて、常に気を配ってください。また、経験を共有し、フィードバックを得るために、同じ目標を持った他のアーティストたちと連絡を取ることも重要です。

Q.好きなアーティスト(手描き/デジタル)はいますか? その理由もおしえてください

毎日のように素晴らしいアーティストが出てくるので、私のお気に入りリストは増え続けています。これらのアーティストには Marco di LuccaVitaly BulgarovFausto de MartiniRafael Grassetti がいます。彼らの作品がきっかけとなり、私は 3D の世界に入りました。現在も、新作が投稿されるたびに驚かされています。

Q.次回作についてお聞かせください

3Dコミュニティに近日公開予定のリアルタイムキャラクターに取り組んでいます。

 


編集部からのおすすめ:
リアルな CGキャラクターの制作テクニックを学ぶには、書籍『3Dアーティストのための人体解剖学』『MAYA キャラクタークリエーション』をお勧めします。また、David氏 お気に入りアーティストの1人 Rafael Grassetti氏 も絶賛の書籍『ZBrush キャラクター&クリーチャー』もお勧めします。

 


翻訳:STUDIO LIZZ (TK)
編集:3dtotal.jp

Pocket