3dtotal.comから海外のデジタルアート最新情報
(映画、ゲーム、映像関連)を日本語でお伝えします!

ハードサーフェス、スチームパンク風 宇宙船のモデリング

Pocket

13. エンジンを作成する

まず、エンジンを格納する場所を作るため、フェースを内側に押し出します(A)。次に、大小の円柱を配置(B)。これらを結合し、大きい円柱の上半分のフェースと小さい円柱の下半分のフェースを外側に押し出します(C)。押し出した端のフェースを削除、ブリッジしてベルトを作ります(D)。[Shift]+[D]キーでベルトを複製し、船体に穴を空けてベルトの通り道を作ります。これを行うにはエッジループを追加し、フェースを選択して内側に押し出します。さらにディテールを加えるには、歯車とベルトのフェースを選択し、[押し出し]オプションで[フェースの一体性の維持]をオフにして押し出します(H)。

歯車やベルトの付いたエンジンのモデリング

14. エンジンの配管のディテールを追加する

曲がった配管を手っ取り早く作るため、ポリゴントーラスを作成(A)、1/4残し、他を削除します(B)。もっと長さが必要なら端を押し出します。続けてエッジループを加えて段を押し出します(C)。スムーズを適用したときにメッシュを保持するため、角にエッジループをさらに追加(D)。このテクニックで、宇宙船の周囲に配管や通気口を配置できます(E)。

便利な方法として、ポリゴンのトーラスで配管を作成

15. 船長のコントロールルーム

イメージプレーンを利用し、上面ビューに切り替えて円柱を作成、[スケールツール]で形状を伸ばします(A)。エッジループを加えて窓のフェースを作成(C)。次に[押し出し]([フェースの一体性の維持]をオフ)で内側にオフセットし、窓ガラスのフェースを分離します(D)。さらに、窓枠を分離し(E)、スムーズ適用時に形状が保持されるように、角にエッジループを追加します。

コントロールルームのモデリング

16. 煙突

煙突を作成には、ポリゴンパイプから始め、イメージプレーンをガイドにしながら、縦に伸ばします。エッジループや[押し出し]で、突起などデザインに面白味を加え(A)、[スケールツール]で引き伸ばします(B)。

満足したら[デフォーム]>[ラティス]を適用して、2つの煙突をまとめます(C)。[ラティス]を選択した状態で右クリック、「ラティスポイント」(頂点のようなもの)を選択すれば、全体形状を同時に調整できます。ラティスを削除して現在の形をベイクするため、煙突を選択、[編集]>[種類ごとに削除]>[ヒストリ]を実行。これでラティスは削除されますが、形状はそのまま保持されます。

煙突を追加する

モデリング完了イメージ

テクスチャを追加、背景とあわせて レンダリングした完成イメージ

 


翻訳:STUDIO LIZZ (Atsu)
編集:3dtotal.jp

Pocket