3dtotal.comから海外のデジタルアート最新情報
(映画、ゲーム、映像関連)を日本語でお伝えします!

【特別寄稿】造形家 / 映画監督 片桐裕司の いろいろあっていいんじゃない?|エピソード30:悲劇の撮影 – パイレーツ・オブ・カリビアン

Pocket

ハリウッドで彫刻家、キャラクターデザイナー、映画監督として活動。日本で開催する彫刻セミナーは毎回満席の片桐裕司さんのエッセーです。肩の力を抜き、楽しんでお読みください!


片桐 裕司 / HIROSHI KATAGIRI
彫刻家、映画監督

東京生まれ、東京育ち。1990年、18歳のときに渡米。スクリーミング・マッド・ジョージ氏の工房で働きはじめる。98年にTVシリーズ『Xファイル』のメイクアップでエミー賞受賞。その後、『ターミネーター』『エイリアン』『ジュラシックパーク』のキャラクタークリエーション等で有名なハリウッドのトップ工房スタンウィンストン スタジオのメインアーティストとして活躍(2000〜6年)『A.I.』『ジュラシックパーク』『タイムマシーン』『宇宙戦争』等の制作に携わる。現在、フリーランスの造形家、映画監督として活躍中。
東京生まれ、東京育ち。1990年、18歳のときに渡米。スクリーミング・マッド・ジョージ氏の工房で働きはじめる。98年にTVシリーズ『Xファイル』のメイクアップでエミー賞受賞。その後、『ターミネーター』『エイリアン』『ジュラシックパーク』のキャラクタークリエーション等で有名なハリウッドのトップ工房スタンウィンストン スタジオのメインアーティストとして活躍(2000〜6年)『A.I.』『ジュラシックパーク』『タイムマシーン』『宇宙戦争』等の制作に携わる。現在、フリーランスの造形家、映画監督として活躍中。

エピソード30:悲劇の撮影 - パイレーツ・オブ・カリビアン

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』に登場する人魚の制作責任者として、ハワイ、カウアイ島で仕事をつづける片桐さん。やがて、撮影の時が...

>>エピソード28:全力で休む! のつづき

人魚を製作した場所は、ハワイのカウアイ島でした。そこで他のメイクのクルーは撮影に行っておりましたが、私はひたすら内にこもって、人魚を作っておりました。余談ですが、途中、ジョニー・デップ が見にきたりしました。つくづく思いましたが、"スター" という人たちは皆、感じのいい人たちばかりです。「そういう人たちしか、長い間、君臨できないんだろうな」とつくづく思います。彼もにこやかに、私たちの製作物をしっかりと見て、ちゃんと褒めてくれました。やはり、こういうことは嬉しいものですね。

そして、なんやかんやでようやく、人魚も3体完成し、この人魚の撮影場所であるオアフ島に送りました。オアフ島はホノルルが有名ですね。カウアイ島の人たちからは「ハワイのラスベガス」と呼ばれているそうです(笑)。カウアイと違って、随分と栄えた観光地ですが、撮影するところは郊外のビーチになります。さて、オアフ島の撮影が始まりました。

ふたを開けると、そこには人魚の死体が!

シリコンはめっちゃ重いので4人がかりで運搬です

海藻のような髪の毛で顔を隠しています。バルボッサの部下がそれをめくって、人魚の顔を確認するためです

砂に埋もれてると本物っぽくなります

まあ、こんな感じで撮影をしたのですが、撮影前半は、ずっとバックグラウンドに転がっていていましたが、午後になり、いよいよクロースアップの撮影になりました。しかし、それは、結構あっさりと終わってしまいました。あまり、ちゃんと撮らない。実は後で判明したのですが、最初の設定では、人魚役のこの子は恐ろしい人魚に変身する予定で、顔に CGメイク用のトラッキングのシールを付けていました。

人魚役のこの子は恐ろしい人魚に変身する予定で、顔に CGメイク用のトラッキングのシールを付けていました

ところが映画を見てみたら、そのシールはなくなって、彼女も全く変身しませんでした。この映画に出てくるどの人魚も、上半身は変身しません。私が作った人魚は、変身した後の人魚の姿をしています。すべての人魚が普通の人間の顔のままになってしまったので、私が作った人魚とは合わなくなってしまったのです。理由は予算なのか、ストーリー上の都合かわかりませんが、あれだけ苦労して作った人魚がほとんど映らずじまいになってしまったのは、非常に残念です。いやぁ、映画ってホンッとに恐ろしいいものなんですね! というオチで終わらせようと思ったけど、悲しいので、もうちょい書きます。

あれだけ苦労して作った人魚がほとんど映らずじまいになってしまったのは、非常に残念です

最初に人魚を砂浜に置いた時は潮がだいぶ引いていた時だったようで、撮影が進むにしたがって、だんだんと潮が満ちてきました。そして何と! この人魚が波にさらわれかけたのです! シリコンの皮膚の内部はスポンジのような素材が入っているので、重たくても水に浮くのです。というのもその時知ったのですが...。大慌てで人魚を追っかけて回収しましたが、これがもし、流されて行ってしまったら、どこの国でどんなニュースになったのでしょうか? 考えただけでもワクワクします!

ちなみに、この人魚の写真がインターネットに出回った時、映画にはほとんど映らなかったため、出所がなかなかわからずに「人魚が見つかった!」みたいな記事があちこちででまわりました。話に背びれ尾ひれがついて、なぜか「ブルガリアで人魚が見つかった」という話に落ち着いたようです(笑)。まあ、作り物を本物に見せるという仕事をしているので、この成果は成功だと言えますが、出回るなら、映画にちゃんと出て欲しかったと思うのである...

★バックナンバーはこちらから

■片桐裕司さんのブログ
http://blog.livedoor.jp/hollywoodfx/

■ハリウッドで活躍するキャラクターデザイナー 片桐裕司による彫刻セミナー
http://chokokuseminar.com/ ※仙台/名古屋(9月)申し込み受付中

【特報!!】映画『GEHENNA:死の生ける場所』大阪上映決定!

>>詳細は こちら

 


Pocket