3dtotal.comから海外のデジタルアート最新情報
(映画、ゲーム、映像関連)を日本語でお伝えします!

ゲームキャラクターをつくる – テクスチャリング編:09 UV展開とテクスチャのベイク

Pocket

ステップ3:腕&脚のUV展開

通常、私は、腕や脚の内側に UVシームを配置します。しかし、このキャラクターの場合、下腿などのパーツでは、裏側にあるハイポリの分割パネルのエッジに沿って UVシームを配置しました。

太ももと下腿、そして、腕にそれぞれ[UV]>[平面]または[円柱]を適用。UVシームを整えるため、必要な UVを手作業でカット、縫合します。ここでも、[UVスムーズ ツール]でUVを展開し、歪みを取り除きます。

腕&脚のUV展開

ステップ4:UVをまとめる

すべてのUVを展開したら、今度は、UVシェルを0~1の空間に並べます。各シェルのテクスチャの密度を統一化してください。ただし、足の裏など、一部のUVシェルのテクスチャ空間は、他のUVシェルほどUV空間を必要としません。

頭部のテクスチャシートについては、追加の毛束が必要になることもあるので、余分な空間を残しておきます。毛束のUVがすべて同じ向きに配置されていることに注目ください。これは、最終的に出力に使用するリアルタイムビジュアライズツール Marmoset Toolbag において、UVの向きに依存する anisotropic(異方性)マテリアルを使うためです。

UVシェルを配置したら、ミラーしたUVシェルをちょうど 1、UV空間を横に移動します(※図の赤いシェル)。これを行うには、MELスクリプトのダイアログで「polyEditUV -u -1 -v 0」と入力します(※私の場合、カスタムシェルフに この操作用ボタンを作成)。

各シェルのテクスチャの密度を統一化

ステップ5:テクスチャのベイク パート1

テクスチャマップのベイクには xNormal を使用しました。テクスチャマップをベイクする際、ハイポリとローポリのモデルパーツの「距離を十分に離して」から全体を1度にベイクすることができます。しかし、私の好みは、パーツを別々にベイクしてから Photoshop でテクスチャマップを組み合わせる方法です。

距離を離さずに太ももや下腿などのオブジェクトを1度にベイクすると、エラーが発生します。必要なところで キャラクターを複数のメッシュに分割して、OBJ形式として書き出します。

キャラクターを複数のメッシュに分割して、OBJ形式として書き出します

ステップ6:テクスチャのベイク パート2

xNormal に、ZBrush で作成した全ハイポリメッシュを[High Definition meshes](高解像度メッシュ)タブに読み込みます。[Low Definition meshes](低解像度メッシュ)タブには、ローポリメッシュを読み込みます。それぞれのパスをベイクするときは、[High Definition meshes]と[Low Definition meshes]のタブで、各ベイクに必要なオブジェクトの表示をオンにします。

Cageメッシュを使えば、[Low Definition meshes]タブで各オブジェクトのレイの距離を設定できます。各ローポリメッシュのレイの距離を計算するには、[Tools]タブの[Ray distance calculator]を使用します。

[Baking Options]タブでは、レンダリングするマップの設定と選択を行えます。私は大抵、法線(ノーマル)マップをテストベイクして、エラーの有無やレイの距離の正確性を確認します。任意のマップのサイズを設定したら、[Normal map](法線マップ)と[Ambient Occlusion](アンビエントオクルージョン)マップをベイクします。私は[Bake base texture](ベーステクスチャのベイク)も使っていますが、これは、テクスチャリングの段階でベースカラーを塗るときに選択範囲のマスクとして使用します。

[Baking Options]タブでは、レンダリングするマップの設定と選択を行えます

ステップ7:マップの結合

それぞれのテクスチャをすべてベイクしたら、法線マップとアンビエントオクルージョンマップを 1つのファイルに結合します。こうして、すべてのマップを結合できたら、nDo2 を使用して、法線マップからキャビティマップを作成します。あるいは、CrazyBump を使用しても良いでしょう。

法線(ノーマル)マップとアンビエントオクルージョンマップを 1つのファイルに結合します

 

10 アーマーのテクスチャリング につづく

▼バックナンバーは こちら

 

最終/完成イメージ

編集部からのヒント

CGキャラクターの制作テクニックを学習するリファレンスには、書籍『3Dアーティストのための人体解剖学』『MAYA キャラクタークリエーション』をお勧めします。

 


翻訳:STUDIO LIZZ (Atsu)
編集:3dtotal.jp

Pocket