3dtotal.comから海外のデジタルアート最新情報
(映画、ゲーム、映像関連)を日本語でお伝えします!

【特別寄稿】造形家 / 映画監督 片桐裕司の いろいろあっていいんじゃない?|エピソード100:彫刻セミナーの原点

Pocket

ハリウッドで彫刻家、キャラクターデザイナー、映画監督として活動。日本で開催する彫刻セミナーは毎回満席の片桐裕司さんのエッセーです。肩の力を抜き、楽しんでお読みください!


片桐 裕司 / HIROSHI KATAGIRI
彫刻家、映画監督

東京生まれ、東京育ち。1990年、18歳のときに渡米。スクリーミング・マッド・ジョージ氏の工房で働きはじめる。98年にTVシリーズ『Xファイル』のメイクアップでエミー賞受賞。その後、『ターミネーター』『エイリアン』『ジュラシックパーク』のキャラクタークリエーション等で有名なハリウッドのトップ工房スタンウィンストン スタジオのメインアーティストとして活躍(2000〜6年)『A.I.』『ジュラシックパーク』『タイムマシーン』『宇宙戦争』等の制作に携わる。現在、フリーランスの造形家、映画監督として活躍中。
東京生まれ、東京育ち。1990年、18歳のときに渡米。スクリーミング・マッド・ジョージ氏の工房で働きはじめる。98年にTVシリーズ『Xファイル』のメイクアップでエミー賞受賞。その後、『ターミネーター』『エイリアン』『ジュラシックパーク』のキャラクタークリエーション等で有名なハリウッドのトップ工房スタンウィンストン スタジオのメインアーティストとして活躍(2000〜6年)『A.I.』『ジュラシックパーク』『タイムマシーン』『宇宙戦争』等の制作に携わる。現在、フリーランスの造形家、映画監督として活躍中。

エピソード100:彫刻セミナーの原点

今回は なんと連載100回目!(※ エピソード0:はじめに を含めると 101回目) 長続きしない この私が ここまで書き物を続けられたのも、多くの人たちの応援によるものだと思います。本当にありがとうございます!

本来、このエッセーは、ハリウッドでの仕事を主な題材にした内容でした。以前は、主にハリウッドで仕事を続けていましたが、6年ほど前から 彫刻セミナー のために頻繁に日本に行くようになりました。そして、よく「なぜ このようなセミナーを始めたのか?」聞かれるので、100回目の節目として、今回は改めて、第2のキャリアである この 彫刻セミナー を開催するに至った経緯をお話ししようと思います。

 

彫刻セミナー恒例の集合写真

遡る事 8年前。2011年3月、東日本大震災が起きました。そして、それとほぼ同時に、父が末期癌で入院しました。私は 地震の3日後の 3月14日に、父に会うため日本に来て、東京ではありましたが、その時の日本の現状を目の当たりにしました。そして、多くの人たちが様々な形で復興、援助に動く中、「自分にできることは何なのだろうか」と考えました。

私が中高生であった1980年代は「芸術で食べていくのは無理」だと言われ、「いい大学に行けば いい会社に入れて安泰」「まともな仕事を選びなさい」という風潮が強い時代でした。そんな中、高校2年の終わり頃、私は大学には行かない事を決め、特殊メイクを学ぶためにアメリカに行く事を決めました。幸いなことに、両親は「好きなことなのであればやってみなさい」と言ってくれ、気持ち良く、アメリカに行かせてくれました。

2年半の間、ほとんど遊ばず ギリギリの生活を続け、21歳になる頃には、行く前は誰一人として知り合いのいなかったアメリカの地で一人立ちすることができました。今でも、心から両親には感謝しています。

あの時 やりたいと思ったことを実行したこと。その行動のために協力してくれる人がいたこと。時代が良かったこと。すべてが繋がって 今があり、自分の半生を振り返ってみて思うことは「本当に自分は運が良かった」そして「やりたいと思ったことをやって 本当に良かった」ということです。「やりたい事をやってよかった」 それが僕の中の価値であり、その価値観を今の日本の若者たちに伝えたいと思いました。

私は18歳からアメリカに住んでいますが、日本の文化、特に 明治維新を起こした侍たちの生き様に憧れており、あの時の侍たちが命を懸けて守った この国を、みんなが誇りを持てる国にしたい。カッコつけているようですが、本当にそういう思いを持っています。

「やりたいことを堂々とやっていいんだ!」というセリフを思い切り言える大人になりたい。そして、それを日本の若者たちに身を持って伝えたい。これが、震災後に考えた「自分ができること」の自分なりの答えでした。

そして、震災から 2年後の2013年3月16日。その志を持って、第1回の 彫刻セミナー が始まったのです。「大好きな日本を元気にしたい」 ほんの小さな草の根運動ですが、そういう思いを持って、セミナーを続けてきたつもりです。やりたかったことは単なる彫刻の技術セミナーじゃなく、「やりたいことを堂々とやっていいんだ」そして「誰でも可能性があるんだ」というメッセージを伝えることにより「みんなに希望を持ってもらいたい」「この先の人生を諦めてしまう人たちに勇気をあげたい」「苦しんでいる人たちの心を軽くしてあげたい」という私の思いを届けることでした。

その1年後の 2014年3月15日、セミナーの真っ最中に 3年間の闘病生活を終え、父が亡くなりました。父の見舞いが日本に来る理由の1つでもあったので、セミナーを始めた当初は、セミナーは 父が生きてる間だけのつもりでした。しかし、気づいてみたら、どんどん参加人数が増え、いろいろな新しい機会もいただくようになっていました。そして、改めて、多くの人たちに求められていることを自覚し、それに感謝し、継続させてもらう事にしました。間接的ではありますが 彫刻セミナー は 父のおかげでできたと思っています。

あれから 6年間、実に多くの人たちを指導してきました。ありがたい事にリピーターの数も相当います。

 

ありがたい事にリピーターの数も相当います

「道に迷っている人」「伸び悩んでいる人」「大きなステップを得たいという人」などなど、初心者から上級者まで、誰でも大きく得るものがあることを保証します。「ハードルが高い」と思われがちですが、参加者の多くは初心者です。参考に こちらの「3日間の驚くべき効果」をご覧ください。

 

彫刻セミナー参加者、3日間の驚くべき効果

そんなわけで、100回続けてきた この連載、定期的に頑張って書いてきましたが、今後の新たな活動のため、少しペースを落として、気が向いたときに 書いていきたいと思います。引き続き 応援してもらえたらと思います。

 

★バックナンバーはこちらから

■片桐裕司さんのブログ
http://blog.livedoor.jp/hollywoodfx/

■ハリウッドで活躍するキャラクターデザイナー 片桐裕司による彫刻セミナー(2019年予約受付中/ 東京・大阪・名古屋・九州・北海道)http://chokokuseminar.com/

 


Pocket