3dtotal.comから海外のデジタルアート最新情報
(映画、ゲーム、映像関連)を日本語でお伝えします!

『スズメバチ女の逆襲』のメイキング

Pocket

はじめに

このメイキングを読んでいる皆さん、こんにちは。まず、読み始める前に、外に出て、太陽やもくもくとした雲、あるいは、小さな星々を楽しんできてください(外が真っ暗なら、家に居ることをお薦めします)。

イメージ

私はちょうど、家に戻ってきたところです。これから私の作品「Wasp Woman Returns(スズメバチ女の逆襲)」について、便利で面白い情報を提供できるようにベストを尽くします。この作品は CGSociety のコンペ XXV「B-Movie(B級映画)」出展のため作成したものです。当時、映画制作に従事していて、映画ポスターにとても興味があったので、このテーマにとても好奇心をそそられました。通常、映画のようなポスターは、とても印象的で明るくカラフルな色使いで、とても面白い構図になっています。悲惨で恐ろしい内容であったとしても、楽しめる部分が数多くあるのです。

やりやすくするために、私は映画タイトルを付けていませんでした。代わりに、インターネットで古いポスターを見つけてきて、その時代のスタイルから逸れないように刺激をもらいました。まず最初に、小さなスケッチをいくつか作成、元のイメージと異なる構図にします(図01)。

図01:小さなスケッチをいくつか作成、元のイメージと異なる構図にします

3ds Max を使って、背景にリアルなパースペクティブを作成しています。これは、ニューヨークのストリートやビルを作成する目安になります。また、3D の平面で道を作成、ディテールの代わりに、ビルなどにはボックスを追加しています(図02)。

図02:3D の平面で道を作成、ディテールの代わりに、ビルなどにはボックスを追加しています

Photoshop で、シンプルな小さい窓をペイントしていきます(図03)。

図03:シンプルな小さい窓をペイントしていきます

これらは超高層ビル、店舗や家などに追加、適用する素材になります(図04)。

図04:超高層ビル、店舗や家などに追加、適用する素材になります

続けて、キャラクターになる予定のオブジェクトを作成します。黄金比に従い、配置していきます(図05)。

図05:黄金比に従い、配置していきます


Pocket