3dtotal.comから海外のデジタルアート最新情報
(映画、ゲーム、映像関連)を日本語でお伝えします!

『アナと雪の女王』、マシュマロウのメイキング

Pocket

イギリスの3DアーティストFrancis-Xavier Martins氏が、映画『アナと雪の女王』に登場するキャラクター「マシュマロウ」の作成方法を解説します(ZBrush、Photoshop使用)


Francis-Xavier Martins

Francis-Xavier Martinsは、イギリスのブライトンを拠点とするフリーランス 3Dアーティストです。Rage、Kuju、Climaxを含む複数の会社で働き、携わった作品に『Eyetoy』『Grease』『Sudeki』『DJ Hero』があります。また、シニア・アーティストとして、いくつかのプロジェクトでワークフローやトレーニングの統合を担当してきました。
Francis-Xavier Martinsは、イギリスのブライトンを拠点とするフリーランス 3Dアーティストです。Rage、Kuju、Climaxを含む複数の会社で働き、携わった作品に『Eyetoy』『Grease』『Sudeki』『DJ Hero』があります。また、シニア・アーティストとして、いくつかのプロジェクトでワークフローやトレーニングの統合を担当してきました。

ステップ01

このモデルは、卓越したアーティスト Cory Loftis氏 が手掛けたディズニーの『アナと雪の女王』のコンセプトワークにインスパイアされたものです。まず、ZBrush の[PolySphere]で作業を開始、ダイナメッシュ(DynaMesh) を解像度128で適用、[Move]ブラシで形を引き出しました。続けて、[CurveTube]ブラシで腕、足、指を作成。[Dam_Standard]ブラシで基本的なラインを描きました。

インスピレーションとなった、Cory Loftis氏によるコンセプトアート © Disney

図01.[PolySphere]から胴体を作る

ステップ03

次に[InsertSphere]ブラシで必要な場所に氷のかけらを挿入。トランスポーズツールでそれらを広げ、[hPolish]ブラシでシャープなエッジを付け足しました。

図03. 氷のかけらを入れ込む

ステップ04

ダイナメッシュを実行したすべての氷のかけらは1つのサブツールです。このとき、どのトランスポーズツールを使っても、[Ctrl]+クリックで、必要に応じて個々のピースを選択できるように、[Auto Groups](Tool > Polygroups)をオンにしておきます。その後、デフォルト設定で[ZRemesher]を適用します。

図04-a. 氷のかけらにダイナメッシュを実行後、ZRemesherを適用します

図04-b. トランスポーズツールの[Ctrl]+クリックで簡単に選択できます。他のすべてはマスクされます


Pocket