ホーム > チュートリアル > Maya のおすすめプラグイン10選

チュートリアル

Maya のおすすめプラグイン10選

選者:Paul Hatton

Web: http://www.cadesignservices.co.uk/services/3d-studio/

t030_top

英国の映像制作スタジオの代表であるPaul Hatton氏が、Maya のおすすめプラグインを紹介します。ご覧ください!

Paul Hatton は、現在、美しくインタラクティブな映像制作を得意とする英国のスタジオを経営。この業界で10年以上活動してきました

Maya は、シミュレーションやアニメーションを行える包括的なソフトウェアです。アニメーション、ライティング、VFXの領域で、3ds Max との差別化を図っています。Maya は、幅広い操作を実行可能なソフトですが、常に改善の余地はあるので、その穴を埋めるプラグインが登場しています。そして、強力な開発コミュニティがあり、ワークフローを簡単にしてくれる便利なツールが作られています。本記事では、一見の価値がある10個のプラグインについて、簡単に説明しましょう(※順不同)。

Carbon Scatter

Carbon Scatter を使えば、複雑で詳細な居住データを作成、現実世界の環境を簡単に再現できることでしょう。何百万もの植物、樹木、石、その他のオブジェクトを操作して、驚くほど多様で美しいシーンを作成。簡単なドラッグ&ドロップで追加可能な植物や樹木を入手できるショップもあります。

簡単に使えるプラグインで、オブジェクトを自然にスキャッタ(分散配置)できます

簡単に使えるプラグインで、オブジェクトを自然にスキャッタ(分散配置)できます

HDR Light Studio

HDR Light Studio は、実質的にはプラグインではありませんが、紹介する価値があるでしょう! どのレンダラーでも利用可能なカスタムデザインのHDR画像を設定できるので、モデルライティングに最適です。インタフェースが視覚的で、直感的に操作できます。

カスタムライトをセットアップ、リアルなライティングと反射を設定

カスタムライトをセットアップ、リアルなライティングと反射を設定

Phoenix FD

Chaos Groupの Phoenix FD はおすすめです。火、水、煙などのシミュレーションの作成に役立ちます。高速で万能、操作も簡単なので、手早くリアルなエフェクトが得られることでしょう。ぜひ、体験版を試してください。きっと手放せなくなります。

Maya にはネイティブな流体シミュレーションもありますが、<br>Phonenix FD ほど簡単ではありません

Maya にはネイティブな流体シミュレーションもありますが、
Phonenix FD ほど簡単ではありません

RealFlow

流体シミュレーションにおいて、もう1つの有名なソフトウェアが RealFlow です。Maxwell に慣れているなら、Realflow を違和感なくワークフローに組み込めるでしょう。Realflow には、驚くべき速さで必要な要素を作成できるGPUアクセラレーションとシミュレーションソルバが備わっています。

締切がきついなら、信頼性のある流体シミュレーターが不可欠です

締切がきついなら、信頼性のある流体シミュレーターが不可欠です

Miarmy

少し変化球ではありますが Miarmy は群集シミュレーションプラグインです。AI と行動主体のアニメーションによって、もっともらしい動きの群集を作成できます。

簡単に群集シミュレーションを作成できます

簡単に群集シミュレーションを作成できます

Golaem Crowd

群集シミュレーションに使える もう1つのプラグインが Golaem Crowd です。おすすめの理由は、シーンで使用可能な さまざまな種類の無料キャラクターやモーションがあるところです。クールな結果を得られる物理シミュレーション機能もあります。

近年、群集シミュレーターが続々と登場していますが その1つです

近年、群集シミュレーターが続々と登場していますが その1つです

Keyshot

Keyshot は、リアルタイムレイトレーシングを行えるレンダリングソフトです。Maya のダイレクトプラグインとしての互換性ができました(2016年)。これはユーザにとって朗報でしょう。スピーディで効率的なワークフローを備え、製品のビジュアリゼーションや、屋内シーンのレンダリングに理想的です。

人気上昇中のプラグインで、体験版をチェックする価値は十分にあります

人気上昇中のプラグインで、体験版をチェックする価値は十分にあります

RenderMan

ピクサーの有名なレンダラー RenderMan のMaya版、RenderMan for Maya です。Maya のジオメトリ、マテリアル、ライトのすべてと上手く動作して、レンダリングプロセスで変換されます。Maya のUI上ですぐに利用できる高速で安定したツールです。

多くのレンダラーがありますが、RenderMan は一見の価値があります

多くのレンダラーがありますが、RenderMan は一見の価値があります

Shave And A Haircut

実績が語るように Shave は、ゲームやVFX業界で多くのクライアントが使用しているヘア(毛髪)プラグインです。主要なレンダラーと互換性があり、素晴らしい作品を制作する上でも頼りになります。その大部分はリアリズムを高めるためにユーザが操作できるテクスチャマップです。

多くのクライアントが採用しているヘア(毛髪)プラグインです

多くのクライアントが採用しているヘア(毛髪)プラグインです

Pulldownit

Pulldownit は、ボロノイ図をベースにした手早く使えるプラグインで、ジオメトリを粉砕・破砕します。粉砕・破砕には安定したプラグインが必要ですが、Pulldownitは、まさにうってつけでしょう。正確に石や草などの質感を再現したジオメトリを粉微塵にできます。キーフレームにも粉砕が取り込まれるので、アニメーションにも最適です。

ジオメトリの粉砕・破砕だって簡単です

ジオメトリの粉砕・破砕だって簡単です

【注意】最新プラグインの情報を常に仕入れておく

ここで紹介したプラグインの多くは、時を経て、有用性が証明されています。業界で広く使われているものであり、信頼性もあります。Maya のフォーラムに注目して、制作が楽になるようなプラグインのリリースをチェック、常に先取りしましょう。時間の節約は、お金の節約にもなります。投資を惜しまないようにしましょう。有料のプラグインは山ほどあります。しかし、無料でも素晴らしいプラグインが多数あります、侮ってはいけません。


オリジナルURL(英語):
http://www.3dtotal.com/interview/716

翻訳:STUDIO LIZZ(Nao)
編集:3DTotal.jp


PAGE TOPへ