3dtotal.comから海外のデジタルアート最新情報
(映画、ゲーム、映像関連)を日本語でお伝えします!

CINEMA 4D のおすすめプラグイン10選

Pocket

MAXON の CINEMA 4D のプラグイン10選を紹介するときがやってきました! 現在、出回っている必須のプラグインを挙げていくので、自分のレベルを次の段階へと引き上げましょう


Paul Hatton

Paul Hatton は、現在、美しくインタラクティブな映像制作を得意とする英国のスタジオを経営。この業界で10年以上活動してきました
Paul Hatton は、現在、美しくインタラクティブな映像制作を得意とする英国のスタジオを経営。この業界で10年以上活動してきました

CINEMA 4D は4半世紀前から発展してきたツールであり、モデリング、アニメーション、レンダリング界の「ヘビー級」と言えます。現在、R18までリリースされており、幅広いツールセットがあります。MAXON(開発者)によって、さまざまなバージョンがリリースされていて、ユーザが操作できるツールにも柔軟性があります。また、Liteバージョンも入手可能です。すべてのビジュアライゼーション ソフトウェアと同様に、CINEMA 4D でもプラグインが役立つので、ここでは10選を紹介しましょう(ご注意:プラグインにより、R18に未対応の場合があります)。

X-Particle

パーティクル ビジュアライゼーションのツールセットとしては、印象的なプラグインがX-Particle です。CINEMA 4D のネイティブのパーティクルシステムとは別物ですが、やりたいことが何でもできる理想的な機能があります。流体と気体のシミュレーションを、1つのソリューションで作成できるようになります。

最小限の努力で印象的なシミュレーションを作成

Vector Pro

パッケージに含まれるベクターツールを補完するという意味ではVector Pro は X-Particle と似ています。開発者が「スタンドアローンのメジャーなパッケージで作成したものに匹敵する結果が得られる」と、大胆にも主張するほどです。開発者の Paul Everett氏は、CINEMA 4D のプラグイン開発に長く携わっているので、彼が開発したプラグインはすべてチェックする価値があります。Vector Proプラグインでは、画像、ムービーとシェーダをリアルタイムに簡単にベクター形式に変換できます。

Vector Pro は、C++で作成されています。WindowsとMacの両方で動作します

EasyLine

EasyLine はシンプルな無料プラグインですが、その存在を知っておくと後で役立ちます! このツールを使えば、新規シーンでスプラインを再構築する時間を大幅に節約できます。スプラインパラメータのアニメーションができるので、特に、モーショングラフィックを扱うビジュアライゼーション(オブジェクトにスプラインを追加して動きを従わせたい場面など)で重宝することでしょう。

無料なので文句なしです! Slouchcorp社に感謝します

RealFlow

RealFlow は、流体シミュレーション用のスタンドアローン型ソフトウェアです。メジャーな3Dプラットフォームとはすべて互換性があります。なぜ、プラグインに関する記事で、ソフトウェアを取り上げているのでしょう? 理由は、RealFlow に CINEMA 4D と RealFlow 間を簡単に行き来できるプラグインセット(Windows/Mac)が含まれているからです。

プラグインでCINEMA 4DとRealFlowを繋げましょう

VRay for C4D

外部レンダラにはさまざまなオプションがありますが、ほとんどの場合、スタンドアローン型ソリューション用に書き出す必要があります。V-Ray では、CINEMA 4D のインタフェース上で、すべてを直接実行できます。言うまでもなく V-Ray は、定評と実績のあるレンダラであり、常に改善が行われているので、安心して採用できます。

VRay は CINEMA 4D で直接実行できます

Arnold for Cinema 4D(C4DtoA)

多くのレンダラでは、CINEMA 4D から任意のレンダリングエンジンにシームレスに移動するための書き出し機能があります。Arnold も例外ではありません。CINEMA 4D とレンダラとの間を連携するプラグインを提供し、オブジェクト、ヘア、スプラインとパーティクルをサポートします。

CINEMA 4Dのレンダリングで苦労するようであれば、Arnoldはうってつけのソリューションです

MagicSnow

分かりやすくシンプルなプラグインですが、MagicSnow は使い道のあるツールです。使用すれば、オブジェクトに雪を降らせるシステムをセットアップできます。もう少し守備範囲の広いパーティクル・ソリューションは存在しますが、このようなシンプルなソリューションが重宝する人もいるでしょう。

高速かつシンプルなプラグインで、雪を作成

Ivy Grower

Ivy Grower は、Thomas Luft氏が作成したプラグインで、その名のとおり、ツタを生やすことができます。セットアップに役立つビデオチュートリアルのリンクはこちら にあります。プラグインのダウンロードや Thomas Luft氏作成のプラグインへのリンクもあります。ダウンロードして、きれいなツタを作成してみましょう!

人気のプラグインでツタを作成

Enhance:C4D

Enhance:C4D は低価格のプラグインで、178個のCINEMA 4D向けの3D/2D手続き型シェーダにアクセスできます。それだけではありません! あらゆるテクスチャパラメータをアニメートして、さまざまな特殊効果も作成できるようになります。サイトからlite版もダウンロードできます。

手続き型シェーダのセットで、シェーダにひとひねり加えましょう

Window Generator

日常的に、ビジュアライズ担当者として必要なタスクはとても多く、面倒なことになりがちです。そのようなタスクの1つが、窓の作成です!Window Generator によって、手早く直観的にツールの作成と配置ができるようになります。当然ながら、後からディテールも追加できます。

使いやすいプラグインで、ワークフローの高速化を図りましょう

まとめ:時間を賢く使う

CINEMA 4D をどのように使うにしても、ワークフローを高速化して、より効果的にビジュアライズできるツールがあります。ここで紹介したものはわずかですが、最新のプラグイン情報に常にアンテナを張り、信頼のおけるウェブサイトを定期的に確認すると良いでしょう。その価値は十分にあります。探していたものが見つからない場合は、ユニークなプラグインを自作して売り込んでみるのはいかがでしょうか!


▶ オリジナルURL(英語):https://www.3dtotal.com/interview/730
翻訳:STUDIO LIZZ (Nao)
編集:3dtotal.jp

Pocket