ホーム > ニュース・特集 > 【特別寄稿】造形家/映画監督 片桐裕司の いろいろあっていいんじゃない?|エピソード3:DRAGONBALL EVOLUTION その2

ニュース・特集

【特別寄稿】造形家/映画監督 片桐裕司の いろいろあっていいんじゃない?|エピソード3:DRAGONBALL EVOLUTION その2

hkatagiri_essay

ハリウッドで彫刻家、キャラクターデザイナー、映画監督として活動。日本で開催する彫刻セミナーは毎回満席の片桐裕司さんのエッセーです。肩の力を抜き、楽しんでお読みください!

エピソード3:DRAGONBALL EVOLUTION その2

これは『ドラゴンボール』なんかじゃない。ドラゴンポールだ! ドラゴンと呼ばれ、恐れられたチンピラのポールくんの物語

>>> その1 からのつづき

結局、私は "オザール" のデザインをいくつかすることになりました。悟空が変身するかっこいいエイリアン。名前は "Oozaru" にして "大猿" にあらず。禅問答かよ! そこにいる誰にも理解されない矛盾を心に抱え、これほど気持ちが乗らない大作って、かつてあっただろうか!? 記憶から消し去りたい日々がいよいよ始まる...。

オザールの造形。これは Jordu Shell というアーティストのデザインを自分なりに作ったものです。<br>自分がデザインしたオザールは記憶も写真も残っていません

オザールの造形。これは Jordu Shell というアーティストのデザインを自分なりに作ったものです。
自分がデザインしたオザールは記憶も写真も残っていません

幸運にも、私の "オザール" は選ばれず、最終的に私が担当したのは "Fulum Assasin" と言って、ピッコロの細胞から作られた、原作にない映画オリジナルのクリーチャー。これで原作を汚さずにすむ! そして、デザイナーのデザインも踏襲しつつ、チャチャッとこれを作る。

最終的に私が担当したのは Fulum Assasin と言って、ピッコロの細胞から作られた<br>原作にない映画オリジナルのクリーチャー

最終的に私が担当したのは Fulum Assasin と言って、ピッコロの細胞から作られた
原作にない映画オリジナルのクリーチャー

しかし、これを提出後、不条理な要求の数々が容赦なく私を襲う。監督は「剣で戦わせたいから手をちゃんと作ってくれ」 、プロデューサーは「これは怪物だから手じゃなくて、手を剣にしちゃってくれ」などと別々の要求をしてくるのである。しかも、お互い話し合わない。しょうがないから、手を作って、折りたたみの剣を前腕の下に付けるなど両方の意見を合わせてみたりと毎日 形が変わっていく...。写真を並べると造形が変形していくアニメーションが作れるぞ! そして、違うプロデューサーがさらに違う事も言ってくる。

挙げ句の果てに、工房の近所に住んでいるというプロデューサーが朝一で仕事場に来て「角の角度を変えろ」とか「とげを増やせ」とかスクリーンじゃ絶対に気づかないようなアートディレクションをしてくる始末。さらに同時に「ピッコロは子供が怖がるから怖くしないでくれ」「気持ち悪いからピッコロは緑じゃなくて肌色にしてくれ」 悟空は高校生のいじめられっこ。亀仙人がチョウ・ユンファ。そして、大猿でないオザール...

もうたくさんだ!

原作に対する冒涜の数々。
もう、これは『ドラゴンボール』なんかじゃない。ドラゴンポールだ!
ドラゴンと呼ばれ、恐れられたチンピラのポールくんの物語。

心が少し軽くなった。

>>> その3 につづく


★バックナンバー
エピソード0:はじめに
エピソード1:行動しなきゃはじまらない - 若い世代へアドバイス
エピソード2:DRAGONBALL EVOLUTION その1

★片桐裕司さんのブログ
http://blog.livedoor.jp/hollywoodfx/

★ハリウッドで活躍するキャラクターデザイナー 片桐裕司による彫刻セミナー
http://chokokuseminar.com/


PAGE TOPへ