3dtotal.comから海外のデジタルアート最新情報
(映画、ゲーム、映像関連)を日本語でお伝えします!

ラフスケッチをフォトリアルな風景に変換!? 画家ゴーギャンにちなみ名づけられた Nvidia のディープラーニングモデル、GauGan のパブリックベータ

Pocket

ポスト印象派の画家 ポール・ゴーギャン(Paul Gauguin)にちなみ名づけられた GauGAN は、レイアウトを示すスケッチとラベル付けされたセグメンテーションマップからフォトリアルな画像を作成します。

アーティストは、ペイントブラシやバケツツールを使って、川、岩、雲などのラベルで風景をデザインできます。スタイル転送アルゴリズムを使用、フィルタを適用すると、日中を日没に、または、フォトリアルな画像を絵画風に変換することができます。ユーザーは、傑作の上に自作のフィルタを重ねてアップロードしたり、カスタムセグメンテーションマップや風景画像をアップロードすることもできます。(Nvidia AI Playground より翻訳)

GauGan パブリックベータ

■GauGan パブリックベータ
http://nvidia-research-mingyuliu.com/gaugan

 

★デモ映像:Changing Sketches into Photorealistic Masterpieces(1分59秒)

NVIDIA Research 開発のディープラーニングモデル GauGAN は、GAN(Generative Adversarial Network)で、ラフスケッチをフォトリアルな風景に変換します。このツールはスマートな絵筆のようなもので、セグメンテーションマップをリアルな画像に変換します。(youtube より翻訳)

■関連記事:Stroke of Genius: GauGAN Turns Doodles into Stunning, Photorealistic Landscapes(Nvidia記事)https://blogs.nvidia.com/blog/2019/03/18/gaugan-photorealistic-landscapes-nvidia-research/?ncid=so-you-n1-78256

 


Pocket