3dtotal.comから海外のデジタルアート最新情報
(映画、ゲーム、映像関連)を日本語でお伝えします!

英国のキャラクターアーティストによる おすすめ ZBrush プラグイン 9選

Pocket

6. Nick's Tools - 自動マスク ポリグループ(Auto Mask Polygroups)

Nick Miller氏 のウェブサイトでは、別の魔法のツールボックスを見つけることができます。この中で私のお気に入りのツールは、非常にシンプルなものです。シンプルなのに今回のリストに入れたのは、ブラシ以外で最も頻繁に使う機能だからです。

モデルがポリグループに分割されている場合(まだ分割されていない場合は、これを行うべきです!)、[オートマスキング設定]>[ポリグループマスク]スライダで、ブラシがポリグループに与える影響の大きさを調整することができます。私のように常に 100 まで上げたり、元に戻したりしていると、これは少し面倒に感じるかもしれません。[Nick’ Tools]>[Auto Mask PG]では1クリックで 0 と 100 を切り替えることができます。さらに[Mask PG Under Cursor]と[UNMask PG Under Cursor]でホットキーを追加すると、マウスカーソルの下のポリグループ全体をマスクしたり解除したりできるので、時間の節約になります。

★Nicks Tool's New Features Update 1.11(7分39秒/ ※ Auto Mask Polygroups の説明は 2:00 から)

7. Turntabler

Turntabler は Pixologic の比較的新しいプラグインで、ターンテーブルをレンダリングするためのツールです。Zbrush to Photoshop と同様にさまざまなパスを選択し、レンダリングするプロセスを自動化します。これにも異なるライティングパスが含まれているので、After EffectsNuke などで合成する際にライティングを編集することができます。

★Turntabler - Pixologic's ZBrush Plugin(2分34秒)

8. マルチマップエクスポーター(Multi Map Exporter)

マルチマップエクスポーター(Multi Map Exporter)は、ZBrush からマップをエクスポートするためのデフォルトツールです。ディスプレイスメント・ベクターディスプレイスメント・法線・テクスチャマップ、そしてメッシュ自体を選択し、これらを生成するプロセスを自動化します。また、アンビエントオクルージョンとキャビティマップをエクスポートするための 2つのオプションは、さまざまな用途に利用できます。マップごとに異なるエクスポートオプションが豊富に用意されており、将来のためにプリセットファイルに保存することもできます。

9. ZColor

ZColor は、Pixologic による本当にクールなプラグインです。基本的には、選択した色に基づいて色彩調和を提供するスウォッチマネージャーです。Adobe Color (旧 Adobe Kuler)を使ったことがある方は、この仕組みをご存知でしょう。最も便利な機能は、Adobe Color からダウンロードしたスウォッチを ZColor に直接インポートできることです。とても使いやすいツールです。

★ZBrush プラグイン解説 "ZColor"について(3分15秒)

 


編集部からのおすすめ:ZBrush による制作テクニックを学ぶには、書籍『ステップアップのための ZBrush ガイド』『ZBrush キャラクター&クリーチャー』をおすすめします。

 

 


翻訳:STUDIO LIZZ (TK)
編集:3dtotal.jp

Pocket