ホーム > チュートリアル > プロが語る3Dテクスチャリングのヒント10(2)

チュートリアル

プロが語る3Dテクスチャリングのヒント10(2)

編集:Poz Watson

t016_07_4

※このチュートリアルはパート2です。
パート1は こちら をご覧ください。


ヒント5:ヘアガイドを ZBrush から 3ds Max に書き出す

ZBrush の[FiberMesh]で作ったヘアは、3ds Max 上で再現できます。ZBrushでヘアカーブを出力、3ds Max の[ヘアーとファー]モディファイヤのガイドとして使いましょう。まず、ZBrushで[FiberMesh]>[Export Curves]を選択、OBJ形式で保存します。次に、3ds Max の[読み込み]で、書き出したOBJファイルを選択します。OBJの[オブジェクト読み込みオプション]では、[シングル メッシュとして読み込み]で単一のメッシュとして、[シェイプ/ライン]でスプラインを読み込めます。これによって、すべてのスプラインがアタッチされた単一のオブジェクトになります。準備ができたら[読み込み]を押しましょう」

「オブジェクトを選択して、サブオブジェクト選択モードを[スプライン]に変更、すべてのスプラインを選択してください。スプラインの合計数が、モディファイヤ([選択]ロールアウトの下部)に表示されます。この数字を覚えておきましょう。[ヘアーとファー](WSM)モディファイヤをスプラインに適用、覚えていたスプライン数を[ヘアの数]に設定、[補間]をオフします。ランダムさをなくすため、[ランダム スケール]を0、 [うねりパラメータ]で[根元のうねり]と[毛先のうねり]値を0にして完了です!」(José Alves da Silva氏)

ヘアは難しい要素ですが、扱いやすく処理することも可能です

ヘアは難しい要素ですが、扱いやすく処理することも可能です

ヒント6:ペイントで仕上げる

「テクスチャを作成する際、私は BodyPaint 3D変換プラグインで、3ds Max から BodyPaint3D にモデルを送ります。このソフトには、ディフューズ、反射、バンプ、法線(ノーマル)などすべてのテクスチャをリアルタイムに制作・ペイントするツールが揃っているので、3Dモデルのテクスチャとエフェクトのきめ細かいディテールを作成できます」(Sérgio Merêces氏)

プラグインは、さまざまなテクスチャを上手く処理できる素晴らしい方法です

プラグインは、さまざまなテクスチャを上手く処理できる素晴らしい方法です

ヒント7:できることをする

「複雑なシーンは数百のオブジェクトで構成されていることもあり、クリーンなUVや全アセットのテクスチャの作成には膨大な時間がかかります。したがって、私は、カメラビューで優先度の高いオブジェクトのみをテクスチャリングするようにしています。焦点が当たるオブジェクトの視認性が高いときは、クリーンなUVを作成、Photoshop で細かいテクスチャをペイントして、ディテールのあるマテリアルを作成します。 その他のオブジェクトには、タイリングさせたテクスチャ、手続き型ノイズ、オブジェクトに応じたテクスチャのバリエーションを組み合わせて複雑さを加えます。BerconMaps は、テクスチャをランダムに追加できる便利な方法です。また、3ds Max の[頂点ペイント]も、クリーンなUVを準備することなくオブジェクトにダート(汚し)マップをペイントできる優れた方法です」(Toni Bratincevic氏)

複雑さのレベルに応じてテクスチャリングを使い分けるのは、<br>特に、込み入ったシーンにおいて良いアプローチです

複雑さのレベルに応じてテクスチャリングを使い分けるのは、
特に、込み入ったシーンにおいて良いアプローチです

素晴らしいテクスチャがイメージを一変させます © Toni Bratincevic

素晴らしいテクスチャがイメージを一変させます © Toni Bratincevic

Toni Bratincevic氏はダート(汚し)マップの達人です © Toni Bratincevic

Toni Bratincevic氏はダート(汚し)マップの達人です © Toni Bratincevic

[頂点ペイント]もディテールと本物らしさを加えるのに良い方法です © Toni Bratincevic

[頂点ペイント]もディテールと本物らしさを加えるのに良い方法です © Toni Bratincevic

ヒント8:よくできたマテリアル&テクスチャでライティングを機能させる

「各要素にふさわしいマテリアルを適用しないと、魅力的なイメージにはなりません。また、キャラクターやセットを際立たせるライティングにも時間を要することでしょう。よくできたマテリアルとテクスチャがあれば、ショットに視覚的な変化が生まれ、ライティングが苦になりません」(Francesco Giroldini氏 )

テクスチャは最重要パートの1つです、ライティングにも影響します

テクスチャは最重要パートの1つです、ライティングにも影響します

ヒント9:光沢を加える

「光沢のある反射は、コンピューター上でもっとも計算コストが高い要素の1つです。説得力のあるイメージの作成には不可欠で、それが無いとショットが台無しになることもあるでしょう」(Francesco Giroldini氏)

反射は、表現の難しい要素の1つです

反射は、表現の難しい要素の1つです

ヒント10:質感を把握する

「シェーダ設定の際は、常に、マテリアルの拡散vs反射のバランスをとりましょう。拡散の大きいマテリアルは、薄暗くぼやけた反射を伴います。反射の大きいマテリアルは、ほとんど吸収されずに多くの拡散光を跳ね返します」(Francesco Giroldini氏)

現実世界の実例を参考にしましょう

現実世界の実例を参考にしましょう

まとめ:時間をかける

テクスチャリングの利点の1つは、モデリングと同様に、作成したものの断片をいつでも再利用できることです。作成する際、時間と労力を費やせば、後で自分に返ってきます。これは、将来的に引っ張り出して使用できる「テクスチャの銀行」を持つようなものです。「習うより慣れろ」というように、ディテール制作に時間を費やすほど良い結果が生まれるでしょう。作業完了後は、シーンにライトを追加して作品の見た目を磨いてください。

「各要素にふさわしいマテリアルを適用しないと、魅力的なイメージにはなりません」(Francesco Giroldini氏)


執筆アーティスト(ヒント提供)
Francesco Giroldini
Carlos Ortega Elizalde
Andrew Hickinbottom
Luca Nemolato
Jose Alves da Silva
Sergio Mereces
Toni Bratincevic

オリジナルURL(英語):
http://www.3dtotal.com/interview/182

翻訳:STUDIO LIZZ(Nao)
編集:3DTotal.jp


PAGE TOPへ